手軽にヒアルロン酸|切らずに思いのまま整形手術

女性

豊胸手術の知識

先生

豊胸手術の種類

ヒアルロン酸を使った整形手術の典型例は豊胸手術が挙げられます。なぜ豊胸手術が典型例かというと、豊胸手術の中にはヒアルロン酸を使った注入手術があることと、豊胸手術が女性に非常に高い人気があるからです。豊胸手術というのは、まぎれもなく整形手術のひとつですが、それではどのような種類があるのでしょうか。それはバストに悩みを持っている女性の数ほどあると言われています。しかし、そのような悩みを解決出来る治療法があります。それは、ヒアルロン酸注入法、バッグプロテーゼ挿入法です。これらの豊胸手術はどのような整形かというと、ヒアルロン酸を胸に注入してバストのサイズを大きくする整形手術です。このヒアルロン酸注入法のメリットとしては、傷跡が残らない点です。なぜなら、メスを使うことなく豊胸することが可能だからです。基本的には注射を使ってヒアルロン酸を入れるのです。時間も短時間で済みます。これに似た豊胸手術に脂肪注入法という豊胸手術があります。これはヒアルロン酸の代わりに自身の不要な脂肪を胸に注入する整形手術です。ヒアルロン酸注入法とともに非常に人気の高いものです。

メンテナンス

それでは、バッグプロテーゼ挿入法というのは、どのような手術なのでしょうか。これは、シリコンバッグを胸に入れる手術を指します。胸を切開してバッグを入れるのでメスを当然使います。そのため、傷跡が残る可能性が高いというデメリットがあります。そのため、注入系の豊胸手術に比べると、人気が落ちます。しかしながら、いずれの方法であっても、ひとつの共通点があります。それは何かというと、メンテナンスが必要であることです。つまり、1回手術を受けたらそれで半永久的に効果が持続するわけではありません。たとえば、ヒアルロン酸は一定期間は胸の中に留まっていますが、1年から2年ほど経過すると、身体に吸収されてしまいます。つまり、胸のサイズが元のサイズに戻ってしまうのです。そのため、2年程度経過したら、再び注入してもらうように整形手術を受けなければいけません。これは脂肪注入法においても同様です。自身の脂肪を使っているのでどんどん時間とともに同化していってしまいます。そのため、こちらも数年に1度のメンテナンスが必要だというわけです。その点、バッグプロテーゼ挿入法は、シリコンのため、身体の内部に吸収されることはありませんので、持続性はあります。しかし、やはり定期的なメンテナンスは必要です。